透明な瓶に手紙をつめてインターネットの海へ

きれぎれの落書きと私信 by 雪虫の伝説

もう終盤ですね。
いつものように今年度のお仕事の締めです。カレンダーが7か月ずれているのです。私の場合には。
きょうは蝉の声もとぎれ,秋の虫の声も遠慮がちで。
さて,どんな秋なのでしょう。
    mixiチェック

今日は雨です。迎え火を焚くことができないだろうと思います。
けれど,父も母も,我が家を間違えるはずがありません。せっかちのふたりは早々と帰って来るのです。
お盆ですから。
    mixiチェック

暗くてはいけません。
暗いニュースばかりではいけません。
考えなくてはなりません。けれどだまされてはなりません。
おおげさにさわいでいる裏側で何が起きているか。見えてはいけません。
見なくてはなりません。隠されています。隠れています。
    mixiチェック

これは東京2021?2020?
皮肉です。いやあ皮肉ではありません。
よいのか。わるいのか。だれかが幸せになるのか。誰かが得をするのか。

口にするのは,いいことではありません。よくありません。
いやな予感がします。
    mixiチェック

41229-Monogatari_Series-PC-001

もちろん送っていません。ただの一人にもです。
今日は(7月10日です)早朝からたくさんの連絡をもらいました。
電話をもらいました。メールをもらいました。大雨のせいです。
一番最初は4時半でした。
正直に言えば,私はもう東京の天気予報を見てはいません。関西の天気予報を見ません。ひきこもりのせいで,鹿児島の天気予報だって見てはいないのです。
ひとさまのことに興味がないのかも知れません。なくなったのかも知れません。
今日は雨でした。ふったり止んだりでした。
いやな7月です。

    mixiチェック

思えばこの姿勢で,この流れで,このPCのまえで,スピカーはつけているけれど,カメラは取り付けない信念で。
いつからこうなってしまったか,もう記憶していない。ただそれだけのことで,10年以上も,机の前で長い時間を過ごしている。退屈ではない。つまらないわけではない。むしろ楽しいのだ。外へ出ないから守られて,外の世界との接触は,このモニターがほとんどだ。
便利な世の中になったものだ。
    mixiチェック

対面もあまりよいとは言えません。
だから,誰とも会っていません。もうながくなります。
まともに口をきいたのは,お医者さんばかりです。
私は冗談を込めて,電話で話すとコロナに感染する可能性がありますか?・・と。
先生方はまじめな顔で,それは大丈夫です。って,マジメか!! 

    mixiチェック

異常なし。
町中には人がいない。・・・いや少ない。


    mixiチェック

行う人たちは軽蔑するしかない。
忖度・・・やむを得なければ,沈黙すればいい。避けられぬなら,口を開かないことだ。
学者や専門家や・・・忖度していれば,それはもう学者ではない。専門家ではない。
天気予報師・・・もアナウンサーも,彼らは勤め人だから,そうもいかないのだろうけれど。見たくはない。聞きたくもない。
医者なんて・・・・辞めればいいのだ。
利がないばかりではない。害があるのだ。
    mixiチェック

天気予報が告げています。
雪が積もれば雪だるまを作ります。雪が少なければ雪うさぎです。
けれども,私の身体は言っています。明日は雪ではないと。大晦日,元日,雪になればうれしいです。
    mixiチェック

クリスマスの思い出は。少し苦いモノばかりです。
内緒内緒のお話です。
    mixiチェック

いつものように車で送っていった。タクシー代わりなのだ。おばちゃんのおでかけの日にはもうひとつふたつ仕事がある。朝,起こさなければならない。おばちゃんはおでかけの準備に3,4時間はかかるのだ。おばちゃんは朝に弱い。弱いというより起きることはないのだ。おばちゃんの起床時刻は3時か4時。それからねむる午前1時くらいまでに,3回の食事と3.4回のおやつを食べる。きままなおばちゃんなのだ。
おばちゃんは一度で車に乗ることはない。ドアに手をかけて,玄関まで戻る。かならず忘れ物があるのだ。これは必ずだ。今日も鍵をかけていないかも知れない,と一度途中から車をもどした。そして病院につく直前。お歳暮のメモを忘れたと言い出した。
戻るかと聞いたけれど,迎えに来てくれ,そしてもう一度送ってくれと,こんなこといつものことだ。てのかかるおばちゃんなのだ。でも憎めないおばちゃんなのだ。
    mixiチェック

メンバーにお子さんが生まれた。・・けれど,お子さんにも,奥さんにも会えない。コロナは大変だという話だ。
今年は顔をあわせていない。お酒も飲んでいない。事務所のみなさんとも・・だ。
私にとってのコロナ禍だ。

    mixiチェック

だらだらと時間を流している。私はずーたらしているのだ。
さて,手をあらってお仕事です。
    mixiチェック

DSCN2428

机の前のデジタル時計ですよ。
11月18日の午後4時に30.8℃って・・・ちょっとおかしいです。

    mixiチェック

寒くはないと思う。読み終えていない本がたまっている。
本を読むのが辛いのは視力の衰えが大きい。小さい字が見えにくい。部屋の天井の蛍光灯をLEDに変えた。明るい。
    mixiチェック

暖かい日でした。
駅前にはたくさんの旅行者が集まっていました。景気をよくするためなのでしょう。経済をまわすためなのでしょう。けれども,多すぎる人が集まっているように思いました。そこをうまく抜けてエスカレーターに乗りました。書店にはそんなに人はいませんでした。スキスキでした。
キングの新刊を買いに行きました。数冊の目に付く本がありました。買ってしまったのは,目的の2冊の他に,綾辻行人です。かれの本を買った記憶はありません。読んだ記憶はあります。ただ,私の勝手な基準では「買う本」ではなかったのです。それを今日は買ってしまいました。理由は,あるのですが教えません,今は。
私は元気です。明日は病院です。
    mixiチェック

でも,もう次のおしごとです。
睡眠補充はまだできていないのに・・・です。今日は雨です。

    mixiチェック

最近。細かい字を見るのが苦手です。でもちゃんと校了できました。コロナ禍の中で,自分の仕事がどれだけ恵まれているか,テレワークなんて言葉は知りませんでしたが。もともともともとです。
仕事量は増えています。爆発してます。一日の時間が足りません。病院へ行くのが怖いです。きっと叱られます。もう寝ます。
    mixiチェック

納入しました。少し寝ます。

    mixiチェック

このページのトップヘ